ピア・デンタルクリニック 院長

歯科医師 瀧 宏之

Dr. HIROYUKI TAKI, D.D.S

得意な治療

  • インプラント
  • 審美セラミック治療
  • 金属義歯(入れ歯)
  • むし歯予防・歯周病予防
  • ホワイトニングなど
ピア・デンタルクリニック院長 瀧宏之

あなたへのメッセージ

ピア・デンタルクリニックでは志の高い歯科医師・歯科衛生士が治療にあたっています。勉強会への積極的な参加やミーティングなどにより、スタッフ全員のレベルアップに努めております。

私たちは患者様がより健康な毎日を過ごせることを願い、患者様にとってベストな治療を常に追求しています。

ピア・デンタルクリニックの印象

患者様が歯科治療を受けるにあたって『最初の電話~来院~治療』に至るまでさまざまなストレスを感じると思います。
当院のスタッフはそのような患者様の立場に立って考え、いつも患者様目線で日々の診療を連携して行ってくれています。
良いスタッフに恵まれたのは本当にうれしいことです。

オフの過ごし方・趣味など

2児の父として家族と過ごすことが多いです。

血液型・好きな食べ物

O型  
近所でおいしいお店があると噂を聞くととりあえず食べに行きます。好き嫌いはありませんが蕎麦が好きです。

経歴

  • 1973年 千葉県市原市出身
  • 1989年 千葉市立葛城中学校卒
  • 1992年 千葉県立千葉南高等学校卒
  • 1999年 日本大学松戸歯学部卒業
  • 1999年~2003年 千葉県開業医勤務
  • 2003年~2006年 東京都開業医勤務
  • 2006年~2010年 千葉県医療法人理事
  • 2010年2月 ピア・デンタルクリニック開業

所属

  • 千葉市歯科医師会
  • ITIメンバー
  • 国際口腔インプラント学会
  • 日本顕微鏡歯科学会
  • 歯周内科研究会

研修会実績

  • ハーバード大学ceコース修了
  • ストローマンインプラントコース修了
  • AQBインプラントコース修了
  • OAMインプラントコース修了
  • 地域一番歯科医院実践会ベーシック・アドバンスコース修了
  • 他多数研修会修

院長のことを知っていただくために

子供時代

日本が高度成長をしている真っ只中の昭和48年(1973年)に私、瀧宏之は千葉県市原市で二人兄弟の次男として誕生しました。

当時の市原市は湾岸地域の工業が活発で当時の内陸側の実家から湾岸地区を眺めると長い煙突から煙が四十六時中モクモクと立ち上がり近くの国道もダンプカー等の交通量が非常に多く、活気のある様相でした。

当時住んでいた実家の周りは、市原市のやや内陸にあり田んぼや緑に囲まれ、夜にはカエルの鳴き声の大合唱、夏には蛍が飛んでいたりするような自然に恵まれた町でした。

少年時代

小学校時代

5歳の頃、父の仕事の関係で市原市から千葉市に実家が引越しをしたので千葉市の小学校に入学しました。私の父はその頃事業をおこしていたのですが、ちょうどその頃軌道に乗り始めた頃らしく母も仕事を手伝っていたので、両親共忙しそうで私は学校が終わって家に帰っても毎日留守番といういわゆる鍵っ子でした。

学校から帰って友達の家に行くといつも家族のいる家が多く「うちの家は共働きだから仕方ない」と思いつつ寂しい思いはしていました。当時はまた週2回水泳教室に通っていたのですが、そこの練習が腕が取れてしまうのではないかと毎回思うくらいハードで、またそこでも練習が終わると家族の誰かが迎えに来ていたりしている家が多かったのですが、やはり私は一人で帰っていました。
当時の父はやはり忙しくなかなか遊んでもらえる時間もなかったのですが小学校の高学年の時に、小学校内の水泳大会がありました。水泳はまじめに通っていたので大会は上位に入賞できたのですが、何より嬉しかったのはその大会に父が大きなビデオカメラをもって見に来てくれたのです。父も学生時代水泳部に所属していたのでその入賞は私も嬉しかったのですが父も嬉しそうにしていました。

小学校時代

中学校時代

私は地元の国立大学付属中学を受験しようとしたのですが抽選落ちしました。

塾にも通っていたので当時非常に悔しい思いをし高校はいい学校に入学しようと決意しました。
また5つ上の兄から部活の入部をすすめられテニス部に入部しました。

当時のテニス部は部員が50人程在籍していました。上下関係の厳しさはここで教わったと思います。
また厳しい練習や人間関係が理由で退部していく同期もいました。
私自身も勉強を優先させたいという理由で2年生の3学期に退部しました。
かなりの挫折感を当時味わいました。

高校時代

高校に入学すると柔道部に入ろうと思い早速担任の先生に相談すると柔道部は廃部になったと聞かされそのまま放心状態のまま時が流れました。しかし高校は授業が忙しかったので予備校に通う日々が続きました。二年生の進級の時点で進路を文系か理系か決めなくてはならず初めてそこで自分と向き合いました。

高校時代

私は恥ずかしい話なのですが子供の頃は甘いものが好きで虫歯で近所の歯医者に何度かお世話になっていました。当時痛かった歯を短い時間と期間で治してくれた歯医者という職業にあこがれていて父に進路の相談をしたところ当時あまり話しをしなかった父が私の歯学部進学を承諾してくれました。まだ進学も決まっていなかったのですが父から承諾を貰った事でかなり私自身嬉しかった記憶があります。

大学時代

中学、高校と勉強がハードだったので不謹慎にも大学の入学当初は「遊ぶぞー!」と最初は思っていました。しかし入学して直ぐに何教科か再試験にかかりそれからは真面目にノートをとり授業のあとは復習をし試験勉強は早いうちから取り掛かるようにしました。それからは勉強が楽しくなり、学校の勉強だけでは飽き足らず大学OBの開業医の先生に頼み込み学校が終わった後歯科助手のアルバイトを2年させてもらいました。

歯科助手なので診療の補助なのですが実際の開業医の仕事を目の前で見ることにより早く歯医者になりたい、一人前になりたいと当時は強く思うようになりました。

大学時代

勤務医時代

歯医者になりたての頃は院長や先輩ドクターの見学ばかりで診療の補助が長らく続きました。半年程経った時にこのままではいつまで経っても一人前になれないと思い休みの日には他の歯科医院にアルバイトをしにいき時間があれば専門書を読みセミナー学会と出席するようにしました。そんな日々が二年続き経験のある先輩の先生と同じ位の患者さんを診るようになることができるようになっていました。

その後2軒の開業医に3年ずつ計6年勤務しました。歯医者経験10年目になった時に自分の理想とする歯科医院というものが具体的に自分の中で出来上がってきました。

そのうちの一つが
虫歯や歯周病で治療をするのも大事ですが虫歯や歯周病になってしまった原因を調べ、もう一度虫歯、歯周病にならないように患者さんと一緒に予防をしていける歯科医院

その2
医院の方向性が決まっており、スタッフが活き活きと働ける医院

そしてその機会は訪れました。開業の為、退職の相談を上司にしたところ勤務している医院を譲渡してもいいというお話を頂きました。そして2010年2月私は開業に至りました。

開業当初

勤務医時代からのスタッフは5人ついて来てくれたおかげもあり診療も1日休診にしましたが、大きな混乱もなくピア・デンタルクリニックは2010年2月スタートがきれました。
それまではいわゆる雇われの院長をやっていて、開業しても私自身の業務はあまり変わらないだろうと思っていたのですが、実際開業してみると治療以外の経理や求人で苦労した時期もありました。苦労して初めて譲渡して頂いた前オーナーの苦労が理解でき改めて雇用して頂いた事と譲渡して頂いた事に前オーナーに対し感謝の気持ちで一杯になりました。

現在

まだまだ苦労はありますがスタッフも安定してきて医院の運営も安定してきました。
最近ではミーティングで日々の業務の見直しをしたりスタッフにも勉強会に行ってもらってます。
休みの日は最近、子供も大きくなり自転車が乗れるように練習してみたり家族で公園に出かけたりしています。

スタッフひとりひとりが明るい笑顔と高い技術力で、患者様のお悩みにお応えします。

歯科医師・院長としてのこだわり

  • 常に勉強をし最良の治療、最良の医院の運営を図る
  • 勤務している歯科医師、衛生士、スタッフを教育し治療の質を維持する
  • 患者さんが不利益になるようなことはやらない

最後に

ここまで読んでいただいてありがとうございます。
ピア・デンタルクリニックはスタッフが総意で皆様のお口の健康を通して豊かな人生を提供するべく日々研鑽していく所存です。よろしくお願いします。

患者様へのお願い

治療日は計算されて行われております。ご自身のお口の健康の為にも、予定日はなるべく変えないようお願いします。
定期健診は必ず来てください。検診を定期的に受けていれば初期のむし歯や歯周病も軽度であれば短期間の治療ですみます。

診療のご予約はこちらから

「歯が痛い」「歯ぐきが腫れた・血が出る」など、お口のことで気になることがあれば、
千葉市美浜区真砂の歯医者「ピア・デンタルクリニック」にご相談ください。
当院では患者様のお悩みを丁寧にお聞きし、一人ひとりに合った治療プランをご提案いたします。